パフォーマンスが大きく変わる!「身体能力」を高めよう

競泳 スポーツと身体

身体能力=身体をうまく使いこなす能力

私たちがここで提唱する「身体能力」とは全身を連動させてうまく動かすことができるスキルに関する能力を総称したものです。
高い技術を身につけ筋力的に鍛え上げても、 自身の身体がよりよく動かせる準備ができていなくては宝の持ち腐れになってしまいます。
練習量や技術アップの努力を結果につなげるためにも自身の身体そのものをコンディションし、身体能力を高めていくことの大切さに是非目を向けてほしいと思っています。

同じ練習をしている仲間内でも、体得にかかる時間や実戦で出るパフォーマンスに差が出る、という悔しい経験はありませんか?
競技に関する感覚にもともと優れている場合や、コツをうまくつかんだ…などの要因もありますが、同じ条件で競技能力の差が出るときほど「身体能力」が深く関わっているんです。

筋力が強い、柔軟性が高いという身体的特徴は個人の魅力ですし、練習や技術習得の努力は絶対必要で重要なことです。
しかしここで大切なのは「得意な身体能力だけを高めていてはいつか勝てなくなってしまう」ということなんです。
競技をより高いレベルで戦い抜くために全身を連動させうまく使いこなす能力が必ず必要になります。 身につけた技術を発揮する身体そのものの高いスキル、またそれをコントロールする能力 があってこそ、結果につながる可能性を大きく高めることができると実感することになります。

身体にはうまく機能していない、感覚の弱いところが必ずあります。
身体を日々使っているからこそ、使いやすい部分に頼っていることに気づけない。
ただ自分一人で気づくことはかなり難しいことですし、わかってもなかなか思い通りに使えないことがほとんどなので育てることが難しい能力でもあるということです。

身につけた能力さえも最大限に引き出してくれます

身体能力を育て全身が連動して動く感覚を身につけていくことは競技レベルに大きく影響している、というのは感じていただけたでしょうか。

競技を始めたころ、または習い事としてその種目を知ったときはルールを覚えたり、基礎的な動作の反復が主な練習です。
競技として必要な動きをリズムやステップを使って少しずづ体得していって競技の動きに身体を慣らしていくところから始まっているわけです。
試合に勝つための練習やトレーニング、身体の部分部分の細かい使い方を教わるのは競技としての基本をかなり習得した後の「選手」と呼ばれるような立場になってから…というのが一般的ではないでしょうか。

しかし、身体能力が未熟なために競技に対しての動作感覚がつかめていないと練習によってどんなに競技スキルの反復をしても実際のパフォーマンスが思ったように身につかないことがあります。
皆さんも、そんな経験はありませんか?

身体能力を高めることに早期から取り組む環境も増えています。
競技に取り組みながら自身の身体に目を向けることは時間的にも大変かもしれません。
それでも成長にはもちろん、ケガや伸び悩みの時期など壁にぶつかった時など自身の支えとなる能力になることは間違いないでしょう。

水泳はこの身体能力が特に反映しやすい競技の一つです

水泳は水中で身体を操作する、という点では姿勢維持、使い方が陸地での競技と大きく違います。
普段生活している感覚と大きく違うということはそれだけ水中にいる=練習をたくさんしなくてはいけないというのもうなずけます。

4泳法を身につけていく過程であおむけの姿勢、うつぶせの姿勢、左右一緒に動かす感覚、左右交互に動かす感覚をしっかり身につけられているか、など身体を操る感覚が競技にそのまま反映しやすい競技だからこそ、身体能力は重要な能力といえると思います。

自分の身体能力の現状を知り、自分の伸びしろを知ってほしいと思います。
もっと上手になりたい!選手になりたい!という思いがあるなら、まず自身の「身体能力」に目を向けてほしいです。
足りない感覚を育てる重要性に気づいて、より高みを狙える身体づくりをしてほしいと思います。

身体能力を高めるためには自分の身体をコントロールできる仕組みを知り、細部まで感覚を育てたり、自身の使い方の癖を知ったり、コンディションを整えたりと多角的なアプローチが必要です。
是非整体人のコンディショニングと能力アップトレーニングを受けてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました